<   2013年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

東大寺に魅せられて17  大仏殿③

東大寺 大仏殿

大仏の脇には

a0314571_21592942.jpg


左に居るのは虚空蔵菩薩坐像




a0314571_21593827.jpg


右には木造如意輪観音坐像

共に江戸時代に造られたもので重文指定されている。




a0314571_2244126.jpg

http://opa.cig2.imagegateway.net/s/m/GFYZuW3CBLu/LmIhNXxnJ47sCNBM

袈裟の部分。
見事な彫刻である。
30数年かけて製作したらしい。
あと年数を経れば国宝となるであろう。




四天王も2体、安置されている。

a0314571_226565.jpg


西側には広目天
千里眼を持つとされ、天平時代に近い由縁があるmのは
筆や巻物を持つのが特徴。




a0314571_2271645.jpg


甲冑も紋様。
すばらしい彫刻。




a0314571_2273748.jpg


東側には多聞天。
別の名をいわずとしてた毘沙門天。
右手に宝塔、左手に鉾をもつのが特徴。




a0314571_2215639.jpg

http://opa.cig2.imagegateway.net/s/GFYZuW3CBLu/olKlfwxnJ47sCNBM

外部もすごいが大仏殿内部もすごい。



a0314571_22151438.jpg


柱は大木の調達ができず複数を組合わせている。




a0314571_22221410.jpg

http://opa.cig2.imagegateway.net/s/m/GFYZuW3CBLu/wmLncKyCKrCq0cac

大仏殿の真正面には国宝の
金銅八角燈籠





a0314571_22222548.jpg

http://opa.cig2.imagegateway.net/s/m/GFYZuW3CBLu/K7pmMbV3oJEolgYR

中門より。
燈籠は伽藍配置で門をくぐった正面にあることが多い。




a0314571_22223413.jpg

http://opa.cig2.imagegateway.net/s/m/GFYZuW3CBLu/2kIlYwSEwqmJmawS

よくよく見ると蓮華、蓮の花びら(仏教では弁)をかたどっている。
蓮はインド原産だそうだし仏教と深い深い関わりがあるそうだ。




a0314571_22224594.jpg

http://opa.cig2.imagegateway.net/s/m/GFYZuW3CBLu/JmvDZXxnJ47sCNBM



大仏殿。
ほとんどが江戸時代を中心に再建されて奈良時代のものはほとんどといって残ってないので歴史の重さ、みたいな感触はないがスケール感は圧倒されるほど素晴らしかった。





いいじゃん♪って思った方、そうでない方も是非×2クリックをお願いします!
↓↓↓↓

にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
にほんブログ村





オンラインアルバムに投稿してあるものは画像かURLクリックで等倍・撮影データなど詳しく見れます。
アルバム全体へは
2013年 http://opa.cig2.imagegateway.net/s/m/album/GFYZuW3CBLu
2012年 http://opa.cig2.imagegateway.net/s/m/album/C2PHAi2NvP3
2011年 http://opa.cig2.imagegateway.net/s/m/album/ESe4K7GRtEQ
2010年 http://opa.cig2.imagegateway.net/s/m/album/FUauWXVAyK2
[PR]
by ruudran | 2013-08-29 22:42 | 東大寺

東大寺に魅せられて16  大仏殿②

東大寺 大仏殿


正面の扉をくぐると
大仏様が拝することができる。

a0314571_20433888.jpg

http://opa.cig2.imagegateway.net/s/m/GFYZuW3CBLu/w9LiaZSEwqmJmawS

奈良の大仏
正式には盧舎那仏(るしゃなぶつ)

華厳経に説く蓮華蔵世界、すなわち宇宙そのものの真理で
世界をあまねく照らす光の仏である。




a0314571_20434683.jpg

a0314571_20552418.jpg


後姿。
金色に輝くのは光背だ。




a0314571_20435342.jpg

http://opa.cig2.imagegateway.net/s/m/GFYZuW3CBLu/okKDNayCKrCq0cac

大仏のお顔
752年、開眼供養が行われ、開眼師の菩提僊那が開眼筆を持つと
筆に結ばれた縹縷(はなだのる)と呼ばれる縷(紐)を聖武上皇、光明皇后、孝謙天皇をはじめとして
大仏殿外まで参集した多くの人が一本の縷で結ばれた。

これにより聖武上皇の
「人情(こころ)に一枝の草、一把(すくい)の土を持ちて像を助け造らむと願ふ者有らば、恣(ほしいまま)に聴(ゆる)せ。」
の発願がかなった。

開眼筆と縹縷は正倉院に現存している。




a0314571_20435923.jpg

http://opa.cig2.imagegateway.net/s/m/GFYZuW3CBLu/L0whaZSEwqmJmawS
a0314571_2044645.jpg

http://opa.cig2.imagegateway.net/s/m/GFYZuW3CBLu/o1viaZSEwqmJmawS

両手の印相。
右手は手の平を相手に向け、恐れなくてよいの意。
左手は手の平の上向きに下げ、の願いをかなえようの意




a0314571_20441954.jpg

http://opa.cig2.imagegateway.net/s/m/GFYZuW3CBLu/ICKlYXxnJ47sCNBM

他の建造物と同じく、何度も焼失・損失している。
創建時のものが残るのはごく一部だ。




a0314571_20442575.jpg

http://opa.cig2.imagegateway.net/s/m/GFYZuW3CBLu/w1pmaXxnJ47sCNBM

大仏が座する台座の蓮弁(原寸模型)
百八枚の弁(花びら)があり、一枚一枚に三千大千世界が毛彫されている。




a0314571_2044328.jpg

a0314571_20443975.jpg

http://opa.cig2.imagegateway.net/s/m/GFYZuW3CBLu/KCvgZbV3oJEolgYR

ちょっとゆるめのキャラも居て
仏の世界は奥深い。






いいじゃん♪って思った方、そうでない方も是非×2クリックをお願いします!
↓↓↓↓

にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
にほんブログ村





オンラインアルバムに投稿してあるものは画像かURLクリックで等倍・撮影データなど詳しく見れます。
アルバム全体へは
2013年 http://opa.cig2.imagegateway.net/s/m/album/GFYZuW3CBLu
2012年 http://opa.cig2.imagegateway.net/s/m/album/C2PHAi2NvP3
2011年 http://opa.cig2.imagegateway.net/s/m/album/ESe4K7GRtEQ
2010年 http://opa.cig2.imagegateway.net/s/m/album/FUauWXVAyK2
[PR]
by ruudran | 2013-08-25 21:30 | 東大寺

東大寺に魅せられて15  大仏殿①

東大寺

最後の最後に大仏殿(金堂)へ。

a0314571_1846244.jpg

http://opa.cig2.imagegateway.net/s/m/GFYZuW3CBLu/LColYXxnJ47sCNBM

大仏殿への参道
一番乗りで歴史ある参道を進む




a0314571_18463318.jpg


正面の向唐破風(むかいからはふ)
現在の大仏殿は第3期にあたり、創建時のものは源平の争乱で焼失、のち鎌倉時代に再建されたが
今度は戦国時代に松永久秀の兵火で再び焼失。
再建されず大仏は雨ざらしになって1世紀、江戸時代に徳川綱吉の寄進を受け、現在の大仏殿が再建される。

財政・材料難によりそれまでのより縮小されている。




a0314571_18463964.jpg

http://opa.cig2.imagegateway.net/s/m/GFYZuW3CBLu/pDJlgBV3oJEolgYR

正面から軒裏。
南大門と同じく大仏様と呼ばれる建築方式だ。




a0314571_18464693.jpg

http://opa.cig2.imagegateway.net/s/m/GFYZuW3CBLu/37snYwSEwqmJmawS

正面にはちょうど大仏の顔部の位置に観相窓という小窓が造られている。
元旦やお盆の法要時に開けられるそうだ。




a0314571_18465289.jpg


龍だろうか
睨みをきかせて装飾されている。




a0314571_18465857.jpg

http://opa.cig2.imagegateway.net/s/m/GFYZuW3CBLu/LmvjNYxnJ47sCNBM
a0314571_1847471.jpg

http://opa.cig2.imagegateway.net/s/m/GFYZuW3CBLu/L7KicKyCKrCq0cac
a0314571_1847941.jpg

http://opa.cig2.imagegateway.net/s/m/GFYZuW3CBLu/omICaLRDpo0L1iXx

端から端までは7間、ざっと126メートル。
幾重にも六手先組物(むてさきくみもの)が軒先を支えている光景は圧巻だ。



a0314571_18471486.jpg

http://opa.cig2.imagegateway.net/s/m/GFYZuW3CBLu/29KkZZSEwqmJmawS

扉にも細かい細工が施されていた。






いいじゃん♪って思った方、そうでない方も是非×2クリックをお願いします!
↓↓↓↓

にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
にほんブログ村





オンラインアルバムに投稿してあるものは画像かURLクリックで等倍・撮影データなど詳しく見れます。
アルバム全体へは
2013年 http://opa.cig2.imagegateway.net/s/m/album/GFYZuW3CBLu
2012年 http://opa.cig2.imagegateway.net/s/m/album/C2PHAi2NvP3
2011年 http://opa.cig2.imagegateway.net/s/m/album/ESe4K7GRtEQ
2010年 http://opa.cig2.imagegateway.net/s/m/album/FUauWXVAyK2
[PR]
by ruudran | 2013-08-24 19:21 | 東大寺

東大寺に魅せられて14  ライトアッププロムナードと燈花会

毎年、行われているライトアップ
http://www.lightup-nara.jp/


東大寺も幻想的に明りが灯される。

a0314571_19433722.jpg

http://opa.cig2.imagegateway.net/s/m/GFYZuW3CBLu/ImwlcKQ3oJEolgYR
a0314571_19434298.jpg

http://opa.cig2.imagegateway.net/s/m/GFYZuW3CBLu/J1ojYwHnJ47sCNBM
a0314571_19434828.jpg

http://opa.cig2.imagegateway.net/s/m/album/GFYZuW3CBLu

鏡池越しに眺める大仏殿と中門は絶景だ。



a0314571_1943543.jpg

http://opa.cig2.imagegateway.net/s/m/GFYZuW3CBLu/pkonfJy2oJEolgYR

鏡池とあらば映してみよう。




a0314571_1943595.jpg

http://opa.cig2.imagegateway.net/s/m/GFYZuW3CBLu/31KlYJy2oJEolgYR

池周辺には松やモミジの木が植えられている。




a0314571_1944920.jpg

http://opa.cig2.imagegateway.net/s/m/GFYZuW3CBLu/pmLiXXR0wqmJmawS
a0314571_19441647.jpg

a0314571_19442155.jpg

http://opa.cig2.imagegateway.net/s/m/GFYZuW3CBLu/49slgYxnJ47sCNBM

夏の恒例行事 なら燈花会
http://www.toukae.jp/

各所でろうそくが灯される。


a0314571_19442675.jpg

http://opa.cig2.imagegateway.net/s/m/GFYZuW3CBLu/pmojYwHnJ47sCNBM

浮雲園地より大仏殿遠望





いいじゃん♪って思った方、そうでない方も是非×2クリックをお願いします!
↓↓↓↓

にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
にほんブログ村





オンラインアルバムに投稿してあるものは画像かURLクリックで等倍・撮影データなど詳しく見れます。
アルバム全体へは
2013年 http://opa.cig2.imagegateway.net/s/m/album/GFYZuW3CBLu
2012年 http://opa.cig2.imagegateway.net/s/m/album/C2PHAi2NvP3
2011年 http://opa.cig2.imagegateway.net/s/m/album/ESe4K7GRtEQ
2010年 http://opa.cig2.imagegateway.net/s/m/album/FUauWXVAyK2
[PR]
by ruudran | 2013-08-23 20:02 | 東大寺

東大寺に魅せられて13  戒壇堂とその他の建物

東大寺

a0314571_1975017.jpg



a0314571_198837.jpg


戒壇堂(院)は境内の西のほうにある。




a0314571_1992735.jpg

http://opa.cig2.imagegateway.net/s/GFYZuW3CBLu/IDumNYemJ47sCNBM

参道
鹿が遠くでこちらを見ている。




a0314571_1995588.jpg

http://opa.cig2.imagegateway.net/s/GFYZuW3CBLu/J9vjNYemJ47sCNBM

正面
早朝に訪れたので扉が少し開いていた。




a0314571_19112576.jpg


戒壇堂

ここは僧になるために授戒をうける場所。
当時、正式に僧になるためには師僧に戒を受ける必要があったが
その師僧たる人材がいなかった。
そこで登場するのがかの有名な鑑真和上である。
彼は授戒を行うために5度もの渡航の末、来日したのである。

大仏殿前で聖武上皇、光明皇后、孝謙天皇が受戒し、同時に400人以上受戒した。




a0314571_19225775.jpg

http://opa.cig2.imagegateway.net/s/GFYZuW3CBLu/w1okYwz0wqmJmawS

大湯屋




a0314571_19233211.jpg

http://opa.cig2.imagegateway.net/s/GFYZuW3CBLu/LlJiMwy2oJEolgYR

歓進所の正門




a0314571_19235669.jpg

http://opa.cig2.imagegateway.net/s/GFYZuW3CBLu/37oDgwy2oJEolgYR

指図堂




数日間、何度も訪れたがまだまだ知らない景色が沢山ある奥が深い場所である。





いいじゃん♪って思った方、そうでない方も是非×2クリックをお願いします!
↓↓↓↓

にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
にほんブログ村





オンラインアルバムに投稿してあるものは画像かURLクリックで等倍・撮影データなど詳しく見れます。
アルバム全体へは
2013年 http://opa.cig2.imagegateway.net/s/m/album/GFYZuW3CBLu
2012年 http://opa.cig2.imagegateway.net/s/m/album/C2PHAi2NvP3
2011年 http://opa.cig2.imagegateway.net/s/m/album/ESe4K7GRtEQ
2010年 http://opa.cig2.imagegateway.net/s/m/album/FUauWXVAyK2
[PR]
by ruudran | 2013-08-23 19:32 | 東大寺

東大寺に魅せられて12  講堂跡の鹿たち

東大寺

大仏殿(金堂)の北側にはかつて講堂があった。

a0314571_20192597.jpg

http://opa.cig2.imagegateway.net/s/m/GFYZuW3CBLu/2kIkZazDpo0L1iXx

幾度となく焼失し
現在では礎石が残るのみ。




a0314571_20244666.jpg

http://opa.cig2.imagegateway.net/s/GFYZuW3CBLu/okvhMJHnJ47sCNBM
a0314571_2025020.jpg

http://opa.cig2.imagegateway.net/s/GFYZuW3CBLu/49vlZJxFKrCq0cac

観光客はここまでほとんど訪れないので
鹿たちの憩いの場になっている。




a0314571_2027326.jpg

http://opa.cig2.imagegateway.net/s/GFYZuW3CBLu/2nugbZdCKrCq0cac

立派な角を持つ牡鹿がいれば




a0314571_20281889.jpg

http://opa.cig2.imagegateway.net/s/GFYZuW3CBLu/pmIkZazDpo0L1iXx

子鹿と戯れる雌鹿もいる




a0314571_20292862.jpg

http://opa.cig2.imagegateway.net/s/GFYZuW3CBLu/3DumaXV1po0L1iXx

目があうとなんともいえない表情をみせる




a0314571_20303739.jpg


正倉院の門
現在、国宝の正倉は工事中だ。




a0314571_20313614.jpg


大仏池から望む大仏殿







いいじゃん♪って思った方、そうでない方も是非×2クリックをお願いします!
↓↓↓↓

にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
にほんブログ村





オンラインアルバムに投稿してあるものは画像かURLクリックで等倍・撮影データなど詳しく見れます。
アルバム全体へは
2013年 http://opa.cig2.imagegateway.net/s/m/album/GFYZuW3CBLu
2012年 http://opa.cig2.imagegateway.net/s/m/album/C2PHAi2NvP3
2011年 http://opa.cig2.imagegateway.net/s/m/album/ESe4K7GRtEQ
2010年 http://opa.cig2.imagegateway.net/s/m/album/FUauWXVAyK2
[PR]
by ruudran | 2013-08-20 20:37 | 東大寺

東大寺に魅せられて11  東大寺創建

東大寺

上院と呼ばれる東側一帯、二月堂の向かいに開山堂がある。
a0314571_11212240.jpg


ここは東大寺開山=創建に尽力した一人、良弁(ろうべん)上人を祀ったお堂である。



a0314571_11213220.jpg

聖武天皇と光明皇后
a0314571_11213868.jpg

聖武天皇皇太子 那富山墓

東大寺にはじまりは710年の平城京遷都から18年後の728年、前年に生後32日で亡くなった
聖武天皇の皇太子基王の菩提を弔うために山房が建てられたことからはじまる。

その山房は金鐘寺(こんしゅじ)と呼ばれその中心にいたのが良弁である。
華厳経(けごんきょう)が講じられ、さまざまな教学活動が行われた。



a0314571_1124385.jpg

二月堂の前にそびえ立つ良弁杉

a0314571_20285757.jpg


華厳経の二月堂
観音とは秘仏である本尊十一面観音だ。



聖武天皇即位以来、長屋王の変・天然痘の流行・藤原広嗣の乱など世情不安が続く。
そこ仏法に救いをもとめたのが大仏建立の詔である。

「人の、一枝の草、一把の土を持て、像を助け造らむと情に願はば恣(ほしいまま)に之を聴(ゆる)せ」
(廬舎那仏造立の詔)

そして当時異端の宣教師だった行基に歓進を委託し、民の協力を得て長い年月を経て大仏が造られた。

そして唐から菩提僊那(ぼだいせんな・ボーディセーナ)を来日させ大仏開眼が行われた。



a0314571_1231719.jpg


四聖御影
本願・聖武天皇 開眼導師・菩提僊那
開山・良弁上人 歓進・行基菩薩

尽力した四人は四聖と称され現在でも尊ばれている





いいじゃん♪って思った方、そうでない方も是非×2クリックをお願いします!
↓↓↓↓

にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
にほんブログ村





オンラインアルバムに投稿してあるものは画像かURLクリックで等倍・撮影データなど詳しく見れます。
アルバム全体へは
2013年 http://opa.cig2.imagegateway.net/s/m/album/GFYZuW3CBLu
2012年 http://opa.cig2.imagegateway.net/s/m/album/C2PHAi2NvP3
2011年 http://opa.cig2.imagegateway.net/s/m/album/ESe4K7GRtEQ
2010年 http://opa.cig2.imagegateway.net/s/m/album/FUauWXVAyK2
[PR]
by ruudran | 2013-08-18 12:08 | 東大寺

東大寺に魅せられて10  二月堂③

二月堂

a0314571_10195322.jpg

http://opa.cig2.imagegateway.net/s/m/GFYZuW3CBLu/JDviabxFKrCq0cac

夜の参道
暗くなっても参拝する人が絶えない。




a0314571_10195913.jpg

http://opa.cig2.imagegateway.net/s/m/GFYZuW3CBLu/KnLlcKQ3oJEolgYR

夜の二月堂
昼とはまた違った雰囲気を醸し出す




a0314571_1020582.jpg

http://opa.cig2.imagegateway.net/s/m/GFYZuW3CBLu/I0sjgaSmJ47sCNBM
a0314571_10201097.jpg


大提灯常夜燈
堂内をほのかに照らしだす。



a0314571_1020231.jpg

a0314571_10202924.jpg


二月堂仏餉屋(ぶっしょうのや)
食事を調理したりする場所で建物は重文指定されている。
注連縄は神仏習合のなごりかもしれない。




a0314571_10203980.jpg

a0314571_10204649.jpg

http://opa.cig2.imagegateway.net/s/GFYZuW3CBLu/J1JmNYemJ47sCNBM

二月堂閼伽井屋(あかいや)

霊水が湧く井戸がある建物。
注連縄と結界で守られており、一般は入ることはできない。
ここで汲み上げたお水を本尊の十一面観音に捧げる儀式が修二会(お水とり)である。
ここで行われる作法も秘法とされている。





いいじゃん♪って思った方、そうでない方も是非×2クリックをお願いします!
↓↓↓↓

にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
にほんブログ村





オンラインアルバムに投稿してあるものは画像かURLクリックで等倍・撮影データなど詳しく見れます。
アルバム全体へは
2013年 http://opa.cig2.imagegateway.net/s/m/album/GFYZuW3CBLu
2012年 http://opa.cig2.imagegateway.net/s/m/album/C2PHAi2NvP3
2011年 http://opa.cig2.imagegateway.net/s/m/album/ESe4K7GRtEQ
2010年 http://opa.cig2.imagegateway.net/s/m/album/FUauWXVAyK2
[PR]
by ruudran | 2013-08-18 10:39 | 東大寺

東大寺に魅せられて09  二月堂②

東大寺 二月堂

お堂に登ってみる。
a0314571_1675360.jpg


石段を登ると奥に手水舎が見えてくる。




a0314571_168310.jpg

http://opa.cig2.imagegateway.net/s/m/GFYZuW3CBLu/39sCNBSmJ47sCNBM

左手には大提灯




a0314571_1681257.jpg

a0314571_1682060.jpg

a0314571_168288.jpg


堂内
懸崖造りのためか外観は大きいが堂内はそれほど広くはない。
灯籠や提灯が立ち並ぶ




a0314571_1683531.jpg


二月堂から西方を望む。
天気が良ければ絶景であろう。




a0314571_1684315.jpg

http://opa.cig2.imagegateway.net/s/m/GFYZuW3CBLu/w1LncLxFKrCq0cac

境内を見下ろしてみる。
開山堂はじめ上院の建物を遠望できる。
左手の一本杉は創建者の一人の名をとった良弁杉だ。




a0314571_169040.jpg

http://opa.cig2.imagegateway.net/s/m/GFYZuW3CBLu/2mLncLxFKrCq0cac

お香。
お参りする人が絶えない場所でもある。





いいじゃん♪って思った方、そうでない方も是非×2クリックをお願いします!
↓↓↓↓

にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
にほんブログ村





オンラインアルバムに投稿してあるものは画像かURLクリックで等倍・撮影データなど詳しく見れます。
アルバム全体へは
2013年 http://opa.cig2.imagegateway.net/s/m/album/GFYZuW3CBLu
2012年 http://opa.cig2.imagegateway.net/s/m/album/C2PHAi2NvP3
2011年 http://opa.cig2.imagegateway.net/s/m/album/ESe4K7GRtEQ
2010年 http://opa.cig2.imagegateway.net/s/m/album/FUauWXVAyK2
[PR]
by ruudran | 2013-08-17 16:24 | 東大寺

東大寺に魅せられて08  二月堂①

東大寺 上院と呼ばれる東端にある二月堂。

a0314571_19493542.jpg

a0314571_19495178.jpg

http://opa.cig2.imagegateway.net/s/GFYZuW3CBLu/wkoDgwy2oJEolgYR
二月堂と良弁杉

a0314571_1950058.jpg

http://opa.cig2.imagegateway.net/s/GFYZuW3CBLu/o1JgcLxFKrCq0cac

崖の上にそびえる懸崖造りの二月堂。
創建時は現在の1/3ほどで江戸時代に修二会(しゅにえ)の最中に焼失。
のち徳川家綱によって現在のお堂が再建された。

修二会とはお水とりとして有名な1250年以上続く法要である。
毎年旧暦の二月に行われるので二月堂と呼ばれるようになった。


本尊は大観音、小観音とよばれる二体の十一面観音。
高僧であっても見ることが出来ない絶対の秘仏だそうだ。




a0314571_19502383.jpg

http://opa.cig2.imagegateway.net/s/GFYZuW3CBLu/I0IjcLxFKrCq0cac

懸崖(けんがい)造りの床下
規模はおよばないが
この造りは京都の清水寺と同じ工法だ。




a0314571_19505022.jpg


お堂へ続く石段




a0314571_10155122.jpg


重文指定されている参籠所





a0314571_19503427.jpg

a0314571_19504291.jpg

http://opa.cig2.imagegateway.net/s/GFYZuW3CBLu/omIjNYemJ47sCNBM

参籠所から続く回廊
懸崖造りの床下を見ることができる




a0314571_19505752.jpg


二月堂裏参道





いいじゃん♪って思った方、そうでない方も是非×2クリックをお願いします!
↓↓↓↓

にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
にほんブログ村





オンラインアルバムに投稿してあるものは画像かURLクリックで等倍・撮影データなど詳しく見れます。
アルバム全体へは
2013年 http://opa.cig2.imagegateway.net/s/m/album/GFYZuW3CBLu
2012年 http://opa.cig2.imagegateway.net/s/m/album/C2PHAi2NvP3
2011年 http://opa.cig2.imagegateway.net/s/m/album/ESe4K7GRtEQ
2010年 http://opa.cig2.imagegateway.net/s/m/album/FUauWXVAyK2
[PR]
by ruudran | 2013-08-16 20:22 | 東大寺

フォトブログです。


by しゅ~♪

プロフィールを見る

最新の記事

PUMA CUP  ペスカド..
at 2015-03-11 21:52
PUMA CUP  ペスカド..
at 2015-03-10 22:40
平城宮跡 大極殿
at 2015-03-09 11:15
愛車と天体  その2
at 2015-03-07 08:47
愛車と天体  その1
at 2015-03-05 20:11

カテゴリ

全体
ENJOY PHOTO撮影記
神社撮影・国宝建築
寺院撮影・国宝建築
スポーツ・動体撮影
八尾空港・航空機撮影
星景・天体
東大寺
OSAKA夜景
kyo-to 京都
古墳の風景 RYO-BO
子供たち -my babys-
花 -flower-
機材
未分類

以前の記事

2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月

フォロー中のブログ

glaf blog
新しい発見
写楽亭夢人日記
ネイチャーギャラリー
幻に魅せられて…
花が教えてくれたこと
マトリョーシカ
HANA*HANA
SIMPLE PHOTO...
Monochrome
亀の遠写近写
ひだまり。きらきらブログ
司法書士 行政書士の青空さんぽ
アオイソラ
青い星のかたすみで夢をみる
盛岡写真館
Chikka*ism
- Happy focus -
四季の色♪~こころに写し...
ねこの撮った汽車
I love Florence
my story***
富士山大好き~写真は最高!
morrisの部屋
東大寺が大好き
奈良らん
人生とは ?
hikarino hit...
Qualia
四季の光と風を感じて V...
フォト de パラダイス
Photoしませんか
月の雫
玉家の生活報告
想い出Camera
morioka暇人日記2
キオクノキロク*
かな坊の独り言
GNU HIGH
晴れの日も。。。
四季彩り~写真紀行
ty4834 四季の写真Ⅱ
ココロハレ*
花野鳥風月⌒mische
小さなお庭
写真の記憶
hhh
Photomomo*もも...
旅プラスの日記
peko-tinがゆく!
青い自転車とともに
*~オシャレなカメラマン...
EAM photo
続 いまともフォト通信
PLACE IN THE...
今、このとき*
cahier de la...
ぴんぼけふぉとぶろぐ2

外部リンク

タグ

記事ランキング

その他のジャンル